ブログ

透明な氷の作り方

家庭でつくる氷はどうしても中が白くなりますよね。

でも、販売されている氷は純度が高く透明です。

透明な氷はどうやってつくるのでしょうか。

 

透明な氷

 

氷が白くなる原因としては水に含まれる空気の気泡や

天然水に含まれるミネラル等です。

水道水に比べてミネラルウォーターは

凍らせたときに透明度が増します。

 

更に透明にするためには

凍らせる段階で白くなる部分を取り除いて

より透明に近づけます。

 

更に、透明にするためには

ゆっくりと凍らせることも大事です。

ゆっくり凍らせることで不純物が空気中に徐々に放出されて

透明な氷になります。

洞窟内の氷等が透明なのは

長い年月をかけて出来上がった氷だからなんですね。

 

洞窟の氷

 

弊社で販売している氷は、

奥秩父連峰の雪どけ水を源とする天然水を使用して

48時間かけてゆっくりと凍らせますので透明度が高いです。

ものによっては72時間かける氷もあります。

 

時間をかけて作り上げた氷でつくる

かき氷や飲み物はこれまた格別ですね。

 

かき氷

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る