ブログ

バンクーバー朝日軍の著者、テッド・Y・フルモト氏の講演会

こんにちは!
埼玉ロジテック ドライアイス事業部です。

「バンクーバー朝日軍」をご存知でしょうか。
カナダで活躍していた日系人野球チームです。

バンクーバー朝日軍 テッド・Y・フルモト

約一世紀前の 20 世紀初頭にカナダ・バンクーバーには多くの日系移民の方がいました。
彼らは、勇気を持って太平洋を渡り夢を求めて言葉も習慣も違う異国カナダで人生の成功を目指していました。しかし、選挙権も被選挙権もなく、市民として公平ではなく、 生活も苦しい状況。そして、人種差別。

そんな中、パウェルストリート、当時の日本人街(リトルトウキョウ)において日系2世によるベースボールチームが誕生しました。それが「バンクーバー朝日軍」です。
普段の生活では不公平な差別を受けていましたが、野球では公平に闘えます。
白人に比べると小柄な体格なので打撃力等のパワーでは劣るものの、高い技術力と貫き通したフェアプレー精神で闘い続け、数々の勝利をおさめました。
その闘い振りは当時の日系人を熱狂させ、ついには白人サイドにも多くのファンを持つようになりパウェルグラウンドは数千人のファンの声援に包まれました。
バンクーバー朝日軍の選手は日系人の英雄となり、多くの日系人の若者がチームへ入ることを夢見ました。そして、カナダの白人強豪チームが集うターミナルリーグに入っても活躍し、カナダ最強のチームと呼ばれるようになりました。

しかし、1941年12月。太平洋戦争の開戦により、このチームは強制解散させられ、その歴史は闇に葬り去られてしまいました。
時を経て、朝日軍の初代エース「テディーフルモト」氏の息子「テッド・Y・フルモト」氏による執筆で「バンクーバー朝日軍」の歴史が本となり、映画や数々のテレビでも取り上げられました。

今回、「バンクーバー朝日軍」の著者「テッド・Y・フルモト」氏による講演会を、弊社主催にて開催することになりました。
「バンクーバー朝日軍」の歴史を父やメンバーから直接聞いていた「テッド・Y・フルモト」氏が、朝日軍の真実のストーリーと共に今を生きる日本人に伝えたい熱いメッセージを届けます。

【講演会のテーマ】
1. バンクーバー朝日軍の歴史的存在と活躍を風化させることなく日本中に、
そして世界中に伝えること。彼らの活躍を通じ「勇気と希望」の大切さを伝えたい。

2. 日本人は他人を思いやる利他の心、思いやり、平和と秩序を守る心、武士道など、
素晴らしい心と文化を持っている。もっと日本人としての誇りを持ち、
良い意味での愛国心を持ち、「日本を元気に!世界を平和で豊かに!」と活躍して欲しい。

3. 戦争は罪もない一般の人々を苦しみや悲しみのどん底に巻き込み、とても悲惨である。
だから、全力で平和的努力を尽くし、何が何でも戦争は避けなくてはならない。
世界のキーワードは平和。「平和の尊さ」を訴えたい。

バンクーバー朝日軍 テッド・Y・フルモト

—————–
「テッド・Y・フルモト」氏 講演会
3月11日(日)14:00開場 14:30開演(16:00終了予定)
会場:大里生涯学習センター「あすねっと」文化ホール
1名 1,000円
—————–
※チケットは弊社「埼玉ロジテック ドライアイス事業部」にて販売しています。
お問い合わせ:048-564-0701

関連記事

コメントは利用できません。

求人募集
ページ上部へ戻る